Vラインの脱毛法と美容に効果があるルチンの効果

Vラインの無駄毛は水着を着る際、大敵となります。
カミソリで除毛する方法もありますが、Vラインの無駄毛は他の部位に生えている無駄毛に比べ、太く濃いのでカミソリで除毛してしまうと、剃り跡が目立ってしまいがちです。
また、伸びてきた時にチクチク感が強く出てしまう、色素沈着しやすいのでVラインの無駄毛をカミソリで自己処理する方法は、あまりお勧めできません。

自己処理が大変な場所だからこそ、Vラインはプロの手を借りて脱毛するのが1番です。
特に美容皮膚科など、美容系クリニックで施術を受けられるレーザー脱毛は、Vラインの無駄毛処理にお勧めとなっています。

レーザー脱毛は毛根から無駄毛を処理できる脱毛法です。
ですので、施術の後に毛穴が目立つという事がありません。
しかも、半永久的に無駄毛が生えなくなる、永久脱毛の効果もあるので、自己処理が難しいVラインの無駄毛処理に、レーザー脱毛は向いています。

無駄毛処理の他に、女性が気になる美容の問題といえば肌トラブルです。
肌トラブルにはニキビやシミ、シワなど様々な種類がありますが、これらを引き起こす原因の1つに活性酸素が挙げられます。
活性酸素は体になくてはならいものの一方、増えすぎてしまうと細胞を酸化させ、老化を促進させてしまいます。
老化が進む事でシミやシワができやすくなるのです。
また、毛穴にもダメージを与える為、活性酸素によってニキビができやすくなるとも言われています。

肌トラブルを起こす増え過ぎた活性酸素は、ルチンという成分で除去する効果が期待できます。
ルチンはそばなどに多く含まれる成分で、優れた抗酸化作用を持っている点が特徴です。
活性酸素によるトラブルをルチンで解消できるのです。

ルチンはビタミンCと一緒に摂取すると、より美容効果が高まります。
そばを食べる時は、食後にフルーツなどでビタミンCを補いましょう。